前へ
次へ

外国人労働者の人材派遣

政府が積極的に外国人労働者を受け入れる方針を明らかにする前から、外国人労働者は日本において欠かすことができない労働力になっていたのです。
事実、人材派遣会社では、外国人スタッフを置いて外国人の派遣業を積極的に実施していました。
はじめは日本語に不慣れであっても、外国人スタッフが通訳となって派遣先を紹介するなどの業務にあたっています。
外国人労働者というのは、人手不足が深刻な日本においては、助っ人のような役割を担うほど重宝されているのです。
下請け工場などでは、積極的に外国人労働者を受け入れており、即戦力になっています。
機会や手作業であれば、日本語がわからなくても仕事を覚えることができるので、外国人労働者は貴重な人材として受け入れられているのです。
人材派遣会社では、こうした人手不足の状況を受けて日本で働きたいという外国人を積極的に受け入れる体制を整えており、今後も外国人労働者の派遣登録は増える見込みです。

Page Top