前へ
次へ

人材派遣のこれまでと現在、そして未来

人材派遣とは労働者が派遣元の企業と雇用契約を結び、勤務自体は派遣先となる企業で行う雇用形態です。
このような間接雇用は、1985年の労働者派遣法成立以前は法律上認められていませんでした。
しかし、実際のところは古くから行われており、雇用や待遇など労働者にとって有利とはいえない条件が問題となっていました。
そのような状況の改善を目的として定められたのが労働者派遣法です。
この法律は1986年の施行から今日に至るまで、規制緩和と労働者保護の両立を図りながら時代に合ったものへと変更が加えられてきました。
導入後しばらくは問題点もあった労働者派遣法ですが、今では企業側と労働者側のどちらにとってもメリットのある制度として大きな役割を果たしています。
さて、物事に対する価値観の多様化が進む現在、仕事や働き方に関する考え方も大きく変わってきています。
その中で人材派遣の雇用形態を積極的に活用し、より自分に適したライフスタイルの実現を目指す人も増えています。

Page Top